ちょっと手をかけて、帯で遊んでみませんか?

「1枚の着物に帯3本」とよく言われます。どんな帯を持ってくるかで、全体の雰囲気が全く違ってきます。着物・帯は季節感を大事にしており、季節にちなんだ柄のものがたくさんあります。現在では、昔にはなかった季節の行事がありますね。

クリスマス・ハローウィン・バレンタインなどでしょうか。少しづつ関連の柄の帯も作られてきていますが、ご自分の手持ち、あるいは骨董市などで入手した帯で、遊んでみましょう。クリスマスなら、赤・緑・クリスマス飾り・エンジェル・星・雪・ツリー・ヒイラギ・プレゼント等、いろいろなものが思い浮かびます。

やさしい方法はクリスマスカラーにコーディネートすることです。もう少し手をかけるなら、帯にお細工をしましょう。クリスマスっぽい柄の帯に、ビーズを縫い付けてみましょう。柄に沿ってでも良いですし、キラキラと雪が降るように散らしても良いですね。

それだけでクリスマスのイメージが浮かんできます。緑、あるいは赤の帯があれば(裏地が緑・赤の帯でも良いですね。裏返しに使ってしまいましょう)クリスマスグッズを縫い付けてしまいましょう。アップリケでも良いですし、立体的にしても面白いです。

同じようにハローウィン・バレンタインも、いろいろなイメージで遊びましょう。自分の楽しみで、お友達とランチに~買い物に~お散歩に出かけるのでしたら、自由に遊んでください。着物ってとても遊べる要素のある楽しいものです。自分の想いを込めて、新しい季節感を楽しみましょう。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です